ゆくナグリ、くるナグリ。

舞台の大道具ではカナヅチを「ナグリ」と呼びます。

先日、僕のナグリがとうとう壊れてしまったので、新しいのに変えました。

前まで使っていたのがこちら。

f:id:kanenotoshi:20150228183116j:plain

何年使ったのか忘れてしまいましたが、たぶん10年近く使いました。

大道具のナグリは、釘を打つ部分のあたまの金具が抜けないように、2枚の別の金具で、持ち手の木の部分に固定してあります。

釘を打つ方と反対側の部分で、バールのように釘を抜いたり、釘を曲げたり、といった作業が多いので、普通のほかのカナヅチよりも丈夫に出来ているのでしょうか。

しかし今回は、その金具をとめているビスが折れてしまい、製作の途中だったので、仮に釘でとめてあります。

柄の部分と頭の金具はいつまでも使える物なので、丁寧に修復すればまた立派な道具として使えるようにはなるんですが、まあ捨てずに、いったん世代交代です。

というのも、まさかのために買っておいた新品のナグリが別にあって、そいつも10年近く使っていないのです。

買った物は使わないと、ですね。

それがこちら。

f:id:kanenotoshi:20150228183021j:plain

ぜんぜんちがう!!

長い!しろい!

まあ、当たり前なのですが。

色は、実はむかし、渋い色にしよう!と思って、渋い茶色に塗りました。

まあ今となってはその色もはげつつ、代わりに汚れが付きつつ、テカリが付きつつ、ですね。

長さも、自分が使いやすいように切りました。

長いと、取り回しが疲れるというか、重いというか、腰に下げてても邪魔というか。

長くて太い釘を打つ時は長く持つ(後ろの方を持つ)のですが、実際、そうとう長い釘を打つ時以外、そこまで長く持つ事ってないんですよね。

長い方が見た目はカッコいいですが、僕は切っちゃいました。

そして、今回も切っちゃいました。

そしてさらに、テニス用のラバー?正式名称はなんて言うのか分かりませんが、テニスラケットに巻くテープみたいな滑り止めも巻きました。

出来上がりがこちら。

f:id:kanenotoshi:20150228185046j:plain

これが使いやすい!

前のナグリにも巻いて使っていた事があって、これが相当使いやすいのです。

滑らないという事はにぎるチカラが軽くすむので、同じ本数の釘を打っても、疲れが全然違うのです。

ただ、すぐぼろぼろになるので、定期的に交換が必要です。

前回は、交換をさぼっていました。

ナグリを使う機会も減ってましたからね。

まあ、新品と比べると、見た目はあれですが。

使いやすさの方が重要ですからね。道具ですし。

 

今回は、ナグリの世代交代のお話でした。