読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今回は、幕の写真

更新が滞りました。

くだらない事でもいいから出来るだけマメに更新しようと思っていましたが、やはり慣れない事を習慣化するには努力が要りますね。

 

 

さて、新作舞台の美術プランの進行具合について。

プランをお芝居と演出家と詰めていく中で、相当大幅な変更がありました。

かなり自信があったのと、プランに愛着があったので、前のプランでどうしても出来上がりが見てみたいという願望はありました。

しかし、こういう時は、演出家の意向に従うのが99%正しいのです。

というのも、舞台が出来上がっていく中で様々な可能性が生まれる中で、1つの道筋を決めていくのが演出家の仕事の1つであり、その矢印に向かって美術も音楽も照明も役者も全員が同じ方向を向いて仕事をしないと、作品が出来上がりません。

とにかく、主張や意見交換は交わしつつ、結局は1本の縄のように束になってゆきます。

 

と、いうわけで、いったん自分の中で一通り凹んで、それから、ダサダサな変更案しか思い浮かばず、ダメだ!前回を超えるカッコイイものにせねば!と気合いを入れ、新しい案を出して、話して、これで行こう、という事になりました。

かなりのカロリーを消費したんじゃないですかね。

 

で、今はみんなで色々と作っています。

先日、背景の幕を描きました。

幕の縫製を女子チームがしてくれました。

水分を含むと布の面積が縮むので、それが怖いので、いったん幕を床に固定して、水で霧吹きしていったん縮ませて、それから絵の具を塗りました。

当初、布の縮みとか縫製の突っ張りとかが原因で物凄い惨劇になるのを心配していましたが、丁寧な縫製と霧吹きのおかげで、かなり上手くいきました。

他にも、みんなのチカラで小道具やぬいぐるみ等が続々と作られています。

それらは、また後々アップします。

今回は、幕の写真。

 

 
f:id:kanenotoshi:20150118234909j:plain
 
 
広告を非表示にする