読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

油絵の考え方の照明?

先日、ちらっと見つけた記事を読んで、絵に関する記事なんですが、そこから、舞台照明のことでの発見がありました。 その記事はこちら↓ togetter.com 記事の内容は、日本人の絵の描き方と西洋人の絵の描き方の違いみたいな感じで、明るいところから暗いとこ…

モンスターに近づいた

数日前、BSで録画していた舞台「あわれ彼女は娼婦」という作品を見ました。 舞台セットがものすごく大胆で、完全に抽象的で、すごい重厚感で、むちゃむちゃカッコよくて、話の世界観にマッチしてるというより、話の世界観をむちゃむちゃ引き上げているような…

八幡浜市民ミュージカルの照明デザインしたぜ!

さて今回は、照明デザインの方の話をしたいと思います。 照明のデザインは美術のデザインよりもずっと開始が遅くて、だいたい美術プランが固まって、役者の稽古があって、通し稽古が出来るようになったくらいから考え始めます。 その頃には、セットの上での…

舞台美術のプロセス

もうすぐ、八幡浜の市民ミュージカルが初日を迎えます。 今回は、舞台美術を、考えたプロセスに沿って紹介していきたいと思います。照明プランの話は次回にしようかな。 今回はまず舞台美術。 デザインはとにかくいつも、脚本がだいたい出来上がってから、演…

「あしたの空き地であいましょう」を見てきました

今日、松山東高校演劇部による「あしたの空き地であいましょう」を、松山のシアターねこで見てきました。 四国大会で上位入賞し、全国大会のキップを手にした作品だそうです。 高校生が、どんな作品をやっているのか、面白いのかつまらないのか、興味津々で…

みなら特別支援学校オリジナルミュージカルの明かり作りを終えて

今回は、みなら特別支援学校オリジナルミュージカルの明かり作りをしました。 坊っちゃん劇場でやったので、今仕込んである機材はそのままに、機材ごとの明かりのゲージを変えて、シーン作りをします。 前回の西条市民ミュージカルの時のテーマ「基本に忠実…

西条市民ミュージカルの照明プランを終えて

西条市民ミュージカルの照明プランを終えて。

色フィルターの色見本が見やすい箱

色フィルターの色見本が見やすい箱

ゆくナグリ、くるナグリ。

ナグリの世代交代のお話

無事、初日を迎えました〜〜

美術と照明のプランと製作を担当した舞台「二宮忠八物語」が、先日、無事に初日を迎えました。

中央台、上手台、下手台。

二宮忠八の大道具製作、、遅れております。。

二宮忠八物語、製作中!!

二宮忠八物語、製作中!!

今回は、幕の写真

二宮忠八物語、製作中!!

光る机

光る机

脳みその中?

先日、演出家と打ち合わせをしてきました。 打ち合わせの前の、脚本を読んだ段階では、なんとなーく、主人公の二宮忠八の脳みその中みたいな美術セットにしたいなぁー、という感じだけイメージしていきました。 打ち合わせでは演出家から、少なくとも芝居で…

ミュージカルの美術と照明のプランをやります。

愛媛の坊っちゃん劇場では、年間を通して本格ミュージカルを上演している。 そして、その本作品とは別でもう1つ、少人数で外公演をするチームがある。 その小チームは去年結成され、次回作は3作目を数える。 何が言いたいかというと、3作連続、美術、照明は…

ゾクゾクの理由

先日、坊っちゃん劇場でミュージカル「鶴姫伝説」が幕を開けた。 その中で、何度聴いても鳥肌の立つ、すごくいい歌がある。 歌を聴いて鳥肌が立つ事は今までもあった事だが、何度聴いても、というのは初体験。 普通だったら2度目3度目はもう慣れてしまうのに…